日本メディカルアート協会とは

日本メディカルアート協会とは

一人でも多くの患者様のために、私たちができること。

*日本メディカルアート協会理念

1.Medical Principle
:医学的原理原則に基づく

2.Master of Art
:高度専門職としての匠

3.Medical Cooperation
:医療健康専門職の医療連携

 

メディカルアートとは、医学的な原理原則・EBMにのっとり、その上で各種手技療法を行うという意味です。
多くの先生方と医療の原理・原則を共有し、多くの地域で本物の先生方がそれぞれのアート(技術)を花開かせ、一人でも多くの患者様の助けになる事が出来ればと思います。

 

Methodを追求する者は
Methodに迷いMethodに溺れ、

Principleを追求する者だけが、
Methodを正しく選択し使いこなすことが出来る。

 

腰・首・肩・膝など日常多く見かける部位を中心に、各部位の機能解剖学、EBMに基づいた評価・鑑別疾患の方法と各種手技療法・運動療法・手技療法を部位別にご紹介致します。
鑑別疾患には特に重きを置いており、問診・ROM・神経学的検査・理学検査・画像検査などの中から鑑別の際にキーになるワードや所見を各部位ごとにご紹介致します。

*日本メディカルアート協会概要

ベーシックコースへの申し込みなしでも協会にご参加頂けます。
【会員種別】:準会員
【年会費】:60,000円
【募集定員】:制限なし

メディカルアート協会会員は、会員特典をご利用頂けます。

 

*会員特典

● 使用するデータをダウンロード出来ます。
● 物理療法の使用例や応用例などの動画のダウンロードが可能です。
※ 下高井戸ヒーリングプラザで行っている、当日の資料はもちろん、出席していない他のメディカルアートセミナーの資料・画像・医療連携等のデータもダウンロード可能。
※ 非会員の方は出席していないセミナー資料や医療提携データ共に10,000円

● 他のメディカルアートセミナー受講料が「ビジター20,000円」⇒「会員15,000円」
● メディカルアートセミナーでの座席が優先席になります。
● ホームページ上を通じての先生方の情報交換の場とし、最新の情報、Q&Aなどを掲載します。
● レントゲンやMRI画像の読影を行います。
● 会員様には会員証をお渡し致します。(正会員・準会員で色が異なります)

 

IMG_5292

PAGE TOP